食あたり 食事について

食あたりの時の食事。

食あたりとは、食中毒のことをいいます。
有害な毒素がある微生物や化学物質を含んだ飲食物を摂取することによって起こる下痢や嘔吐、発熱などの総称で、とくに夏場に多く注意しなければならない症状です。
対処方法としては、医療機関を受診して処置してもらいます。
家庭では脱水症状を防ぐためにしっかりと水分を補給していくことが大切ですが、吐き気が収まらずに水分補給ができないというときには医師に相談することをおすすめします。
食あたりで食欲がないという時でも食事は大切です。
食欲がなくても体力を受けるためには食事をとるのが望ましく、少量ずつでも回数を多くして良く噛んで摂取していきます。
重症の場合には、葛湯や重湯、野菜スープなどの取り入れやすく消化しやすいものがおすすめです。
症状が軽いときには、お粥や煮込んだうどん、豆腐や柔らかく煮た野菜などの消化のよいものが良いとされています。
脂肪の多い物や食物繊維の多い食品、生ものや刺激の強い香辛料の使用は避けることが無難です。

更新ページ一覧

おすすめ情報

バナー領域

Copyright© 食あたり 食事 All Rights Reserved.