食あたり 食事について

胃腸が弱っている時に食べてはいけないもの

食あたりなどを起こした後、回復するためには食事から栄養素を摂取する必要があります。
しかし、消化が悪いなどの理由で食べない方が良い食品もあります。
【脂質が豊富な肉類】牛肉や豚肉にある脂肪部分(白いところ)・ベーコンなど。
【消化しにくい海産物】イカ・タコ・貝類・塩分豊富で硬い干物。
【刺激物】トウガラシやトウガラシを使用した調味料(一味や七味・タバスコなど)・コショウ・カレー・酸っぱいかんきつ類(レモンなど)【繊維が豊富な野菜】サツマイモ・タケノコ・ゴボウなど。
【刺激のある嗜好品】アルコール・たばこ・コーヒー・ココア・緑茶(番茶はOK)【塩分が豊富な食品】漬物・あたりめ・塩辛・塩サケなど。
【糖分が豊富な食品】お菓子類など。
肉類に関しては良質のタンパク質が豊富で脂肪分の少ない鶏肉がオススメで、特にささみは消化に良いとされます。
お菓子はに関しては最近は体のことを考えて天然素材だけで作ったケーキなども登場しているので、症状が落ち着いてどうしても食べたい時には天然素材のお菓子から食べられるものを探すと良いと思います。

更新ページ一覧

おすすめ情報

バナー領域

Copyright© 食あたり 食事 All Rights Reserved.