食あたり 食事について

食あたりの症状が出た時の対処法

旅行など出先で下痢や腹痛などに見舞われると、とても辛いですよね。
下痢や腹痛などの症状が見られた場合は、食あたりである可能性が高いです。
主な原因は生ものによる細菌感染です。
生魚や生肉、卵などを加熱処理せずに食べると食あたりになる可能性が高くなります。
とくに、牡蠣はあたりやすいことで有名ですよね。
症状が重症である場合や、こども、お年寄りは重症化しやすいので、1度病院に行くことをおすすめします。
もし、症状が軽ければ数日で治ります。
食あたりになったら、吐けるだけ吐きましょう。
体内に入り込んだ細菌やウイルスを排出することが大切です。
吐き気がある場合は、嘔吐物が気管につまらないように横向きに寝ましょう。
嘔吐、下痢がある時は、脱水症になるので水分補給はしっかり行い、睡眠をしっかりとり体力を回復させましょう。
下痢の症状がある場合は、下痢止めを飲んでしまうと、せっかく排出しようとしている細菌を体内に時とどめてしまうので服用しないようにしましょう。
生ものの食事を頂く際はぜひ気をつけてください。

更新ページ一覧

おすすめ情報

バナー領域

Copyright© 食あたり 食事 All Rights Reserved.