胃腸を回復させるには、症状の重さで食事を考えると効果的

食あたりなどで胃腸が弱ってしまった時には食欲が低下するものですが、回復するには体力が必要なので食事をする必要があります。
胃腸がトラブルを起こして直ぐの時には症状が重いので、流動食や水分を摂取します。
流動食はエネルギーや栄養が豊富なものが良いので、重湯や野菜スープがオススメです。
水分補給には、番茶・白湯・牛乳などが良いとされます。
白湯は熱いままではなく冷ましてぬるくなったくらいのものが良く、牛乳は体質により合わないことがあるので注意してください。
症状が軽くなってきたら、消化が良いことでよく知られているおかゆも食べられるようになります。
おかゆの他にも、柔らかく煮たうどん・トースト・プリンもOKです。
軽くなったからといって、生ものや香辛料は禁物です。
好きなものをおいしく食べるためには、胃腸の健康を第一に考える必要があります。
胃腸にトラブルが起きてしまった時には、食欲よりも胃腸への優しさを心に持つことが大切です。

ビジネス電話回線をお得にしよう

業務費用削減に貢献
安い電話料金で企業様をサポートします

中古プレハブをあなたのもとにお届け!

食欲がなくても胃腸回復のためには食事が必要

食あたりを起こした時には、腹痛・下痢・嘔吐などで体力を消耗しがちです。
これら症状をいち早く治

胃腸が弱っている時に食べてはいけないもの

食あたりなどを起こした後、回復するためには食事から栄養素を摂取する必要があります。
しかし、消

更新ページ一覧

おすすめ情報

バナー領域

Copyright© 食あたり 食事 All Rights Reserved.